複雑なプログラムは人だからできる

プログラマーという職種は、いずれなくなるだろうという不要論がありますが、果たしてどうでしょうか。
あらゆる言語において、プログラミングをするときの定石があります。
メンテナンスがしやすいようにロジックを一定にして、同じような処理はマクロ化したりといった具合です。
また、ひとつのプログラムをテンプレートとして使用できるようにして、製造の効率化を図ります。

このような話を客観的に見ていきますと、あるひとつの方向が見えてきて機械化できるのではないかと考えてしまいますが、現実にはそうなりません。
あらゆるユーザーの要望が、プログラムのロジックを変えてしまったり、マクロを複雑化させてしまったりするからです。
また、基本設計や仕様といったものは、最後まで同じであるとは限りません。
設計・仕様のミスやユーザーとの話の食い違いなど様々なことで変更せざるを得なくなります。
せっかくきれいにコーディングしたプログラムが、段々と見にくくなってきます。
そして汎用性を持たせて作り上げてきたマクロも、受け渡しするパラメーターが徐々に増えてきて、まとまりがなくなってきたりもします。

最後には、別のロジックで作った方が動きが早いし、メンテナンスもしやすいではないかといったプログラムがどんどん出来てしまいます。
ユーザーの要望に応えるには、人間に代わる複雑な人工知能でもない限り難しいでしょう。
逆に、複雑なプログラミングができるプログラマーの必要性が問われており、こちらのサイト<<<プログラマー不要論はあるけれど……。>>>を見るだけでも需要はまだまだあると感じることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です